介護保険を利用するためのシステムは?

subpage01

介護が必要になったときに利用することができる公的なサービスが介護保険です。


では、利用するためにはどのようなシステムなのかと言われるとなかなかわからないことが多いですよね。

まず、介護保険を利用したいときには申請書を役所に提出する必要があります。

申請書は自分で作成して役所に持っていくこともできますし、高齢者相談センター、昔でいう地域包括支援センターで代理で作成してもらうこともできます。
入院中であれば病院で作成してもらうこともできる病院もありますよ。
申請書が受理されると認定調査と呼ばれる調査が行われます。

調査員が在宅や病院に訪問してサービスを利用したい人と家族と面談して項目に沿った質問が行われます。
その後、調査員が作成した書類と主治医が作成する意見書をもとに審査会にて会議が行われます。その会議では、身体や認知面での状態を考えどれくらいの介護度が適切なのかが決定されます。

介護のシステムの有益な情報を提供します。

会議が終了すると役所から書類が送付されるため、そこに乗っている介護度をもとに事業所とどれくらいのサービスを利用していくのか契約が結ばれるのです。



ただ、システムのことをあまりよくわからないという場合には高齢者相談センター等にいるケアマネージャーに相談しておけば、申請書の作成からどこの事業所が良いのか探してくれますよ。



さらに、サービスを利用する上で必要なケアプランというものも作成してくれるため、家族で動くよりもケアマネージャーに依頼する方がサービスを楽に利用することができるシステムになっています。