介護ソフトウェアの導入について

main-img

介護ソフトウェアとは、介護事業所での介護記録や国保連合会への請求などの、煩わしい事務作業を支援するためのソフトウェハのことです。



事務業務のIT化は業務の効率を格段に高めるために必須のシステムとなっています。
事業所のサービス区分ごとに用意されているものが多く、居宅支援や通所サービス、通所リハビリサービス、訪問サービス、訪問介護、福祉用具貸与、サービス付き高齢者賃貸住宅、福祉用具販売、訪問介護などのデイサービス等、各事業に対応できるように用意されています。
さらにそれぞれの国保連合会へのレセプト業務、ご利用者様への直接請求、給与計算などの経費や、マイナンバーの管理、ホームページ作成などの営業支援、法人設立、商圏調査などの開業支援など幅広く、便利な機能が含められたソフトが多く販売されています。



たくさんの種類のソフトが販売されているため、どれを選ぶかが重要な要素となってきますが、一番大切なのは導入の目的をハッキリとさせることです。



業務の効率化のためなのか、もしくは国保連合会への請求ミスをなくすためなのかというように目的を見極めましょう。さらに導入する目的を決めたら、無料使用期間を使てみるなど、実際に事業所に適したものかどうかを試してみることをお勧めします。

数日から数カ月程度の無料使用期間を設けているソフト会社はたくさんあります。
こうした仕組みを使うことで、事業所が導入した場合の効果などを測定し、一番適切なものを選択することができるといえます。

介護の知識

subpage01

介護の現場において、対象者の日々の記録は重要なものとなります。そして、記録をソフトに入力することで、様々なメリットを得ることができます。...

more

需要なこと

subpage02

介護が必要になったときに利用することができる公的なサービスが介護保険です。では、利用するためにはどのようなシステムなのかと言われるとなかなかわからないことが多いですよね。...

more

ミニ情報

subpage03

実際老人ホームで共同生活をする際、人間関係を良好にさせる内容が大事な側面となってきます。介護を取り巻く環境やシステムを応用させることで、思い描く内容へ近づく様子が見えていきます。...

more

介護ポイント

subpage04

介護の職場ではいくら時間があっても足りないというほど、人手不足に加えた仕事の多さが目立ちます。現場での仕事が終わっても、そこから残った事務処理をこなすというハードな仕事です。...

more